新学期に最適!脳を活性化させる朝食3選

オートミールを使った簡単な朝食レシピで、子どもたちの新学期最初の一週間を楽しくスタートしましょう。 簡単で、おいしくて、Bで始まるものってなあに? 朝の朝食に、秘密のスーパーパワーを詰め込めば、脳を活性化させ、エネルギーレベルをアップすることができちゃうんです。 ブルーベリー・ポリッジ オーツ麦はゆっくりエネルギーを放出するので、子どものやる気を一日中持続させるのに最適な食材。また、脳のパワーに最適な、ビタミンBたっぷりのブルーベリーを入れればさらにおいしく、脳も活性化されるので、最高の朝食が出来上がり。 バナナ・スマイル・トースト バナナは食物繊維とビタミンBがたっぷりで、朝食にも簡単に取り入れることができます。ボウルにリコッタチーズ(またはクリームチーズ)を入れ、はちみつとバニラエッセンスを加えて混ぜます。それをトーストに塗り、バナナのスライスを乗せるだけ!ダウンロードしたステンシルを使って、シナモンでスマイリーフェイスを描けば出来上がり! ピーナッツバター・シリアルバー 市販のブレックファーストバーに代わる、ヘルシーなメニューをご紹介。日曜日の夕方にあらかじめ作っておき、タッパーに入れておけば、一週間は持ちます。急いでいる朝や、午後のおやつにぴったり。 約16個分 材料 無塩バター 125g ソフトブラウン・シュガー 150グラム ピーナッツバター 125グラム はちみつ 75グラム オレンジの皮 1枚 レモンの皮 1枚 オートミール200グラム ドライフルーツ150グラム ミックスシード 150グラム 作り方 1. 浅い耐熱皿に油を塗り、オーブンを160℃/ガスマーク3に予熱。 2.鍋にバター、砂糖、ピーナッツバター、はちみつ、オレンジとレモンの皮を入れ、溶けるまで弱火で加熱。 3. オートミール、ドライフルーツ、種を混ぜ合わせる。 4.耐熱皿に均等に広げ、30分焼く。 5.そのまま冷まし(ここが重要!)、等間隔に切る。 こちらのレシピはRiver Cottage Everyday by Hugh Fearnley-Whittingstallに掲載されたものです。 出来上がり! ご存知でしたか? なんとピーナッツはナッツ類じゃないんです!なんと、ピーナッツは豆科植物。つまり、本物のナッツのように木の上で育つのではなく、地中のさやの中で育つタネなんです。他の有名な豆類には、えんどう豆、ひよこ豆、レンズ豆や大豆などがあります。さぁ、このトリビアをみんなに広めよう!  

子どもたちと一緒に太陽系惑星をDIY

宇宙を感じる工作タイム それぞれの惑星の特徴を楽しく学びながら、超クールな太陽系惑星を作ってみましょう。 必要なもの: - 異なるサイズのポリスチレンまたは紙粘土のボール - 絵の具 - パイプクリーナー - ぎょろ目ステッカー - フェルトペン - ダンボール箱 - 黒または透明の糸 - 粘着テープ - 宇宙大の想像力 太陽系惑星の作り方 ステップ1 材料を集めて、まずは惑星のキャラクターを作ります。それぞれの惑星について、子どもたち(または、未来の宇宙飛行士)と惑星の特徴について学びながら、好きなようにデコレーションをしてください。 ステップ2 まずはじめに、惑星の中で最も極端な温度変化をすることで知られる「わんぱく水星」をご紹介。水星は - 夜は-170℃、昼は430℃の大きな温度差があるんです。悲しいことがあったかと思えば、次の瞬間には幸せな気分になることもある、といった感じでしょうか。(気分のアップダウンが激しい水星のような人、ご存知ないですか?笑) ステップ3 惑星の女王、金星は、夜空で最も明るい惑星。それは、金星の薄い雲の大気が、太陽の光の約70%を反射して宇宙へ戻っていくからです。晴れた日の夜空に金星が見えるかな? ステップ4 食べ物のある惑星の地球は、太陽系で唯一、生命を育んでいる惑星。地球には、動物や自然、食べられるものがたくさんあります。あなたの一番好きな食べ物は何? ステップ5 イライラ火星は、部屋の掃除が苦手なことで有名。ふてくされながら楕円形の太陽の周りを回っているので、時々何ヶ月にも及ぶ激しい砂嵐が発生するんです。おそろしー! ステップ6 陽気な木星は、新しい友達を作るのが大好きな、とてもフレンドリーな巨大惑星。木星の周りには少なくとも67個の月の友達がいるんですよ。 ステップ7 おしゃれな土星は、エレガントでスマートな着こなしが特徴。土星を見て最初に気づくのは、その輝かしいリング。これは、何十億もの氷の結晶でできているんです。とってもクール! ステップ8 天王星は不思議な存在。天王星は、何百年もの間、人間の目には見えないように、淡いブルーに覆われていました。また、84年の軌道のうち42年間を真っ暗闇の中で過ごしているんですって。 ステップ9 フローズンのエルサも、氷のように冷たい激寒海王星にかないません。氷の巨人として知られる海王星の平均気温は-214℃!もし海王星を訪れる時は、毛糸のセーターと厚手の靴下をお忘れなく! ステップ10 さぁ、惑星のキャラクターを吊るしてみましょう。段ボール箱の内側を黒く塗り、小さな白い点々で星をたくさん描き、それぞれの惑星に糸を通します(下は結び目で固定)。箱の上部に8つの穴を開け、糸を通し、惑星を粘着テープで固定すれば、出来上がり。 作ったらシェアしてね どんな宇宙的な作品を作ったのか、ぜひ見てみたいので、FacebookやInstagramで、あなたの作った惑星たちをシェアしてください!#wonderblyのタグをつけてね。

通学マップをDIY

自宅から学校への道のりを工作でまとめてみよう あなたのお子様の通学方法は?徒歩でも車でも、自転車でも電車でも、はたまたジェットエンジン付きのラマでも。新学期を迎える子ども達のための、通学路がもっと身近なものになる楽しい工作アイデアをご紹介。子どもたちが描いた絵で作る、「動く通学マップ」です。通学コースにある楽しいランドマークを思い出しながら作りましょう! 以下の7つのステップに沿って作ってみよう。 テンプレートをダウンロードする 材料: - 青と緑の厚紙 - はさみ - 接着剤 - 鉛筆 - フェルトペン - ペーパーファスナー 動く通学マップの作り方 ステップ1 緑のまる2つと少し大きめの青のまる1つを切ります。夕食用のお皿を目安にするとよいでしょう。 ステップ2 緑色のまる1つを取り、窓を切り取ります(PDFを参考にしてください)。外側の縁に沿って道路を描くか塗ってください。真ん中には厚紙で、ナビゲーション用の小さな赤い盤目盛りも作りましょう。 ステップ3 学校までの通学手段を選びましょう。お子さんが実際に移動する方法(自転車、車、気球)でも、お気に入りの乗り物でもかまいません。ステップ2の緑のまるの裏側にテープにテープを貼って付けます。 ステップ4 もう一つの緑色のまるを分割し、家と学校、その間の目印になる建物やランドマークを描いたりコラージュしてください。最後の目印になる場所が、家の真左に来るようにしてください。 ステップ5 青いまるの真ん中に、緑のまるを接着剤で貼り付けます。次に、青いまるを木や雲の絵でデコレートします。 ステップ6 緑と青のまるの上に緑のまるを置き、真ん中にペーパーファスナーを押し通します。お好みで、先の部分を赤く塗って目立たなくしてもOK。その後、通学マップをスピンしてくるくる回るかどうか確認してみましょう。 ステップ7 マップを持って、通学路を探検しに行きましょう。動く通学マップは、学校への道のりだけではなく、家族旅行の滞在先や、おばあちゃんおじいちゃんの家までの道のりなど、あらゆる行き先に作り替えることができます!